WRX S4のサウンドについて

この理由はなぜか?と聞きますとS4のそれぞれの音を聞いてみるのがドライブするときホントにハッピーなのです。 S4は穏やかな車か?と尋ねられると嘘偽りなく私はそれほど静かな車であるとは感じていません。しかしそこの所がお好みのパートの一部でもあるのです。

 

さしあたってダントツにおススメなのは加速するときのターボ音。2千回転ぐらいをオーバーするとエンジンから「シュイーン」とでもいうべきサウンドが響いきて。これこそが快くもあり、またパワフルでもあってついうっかり注意してしまいます。 それからサスペンションが路面の凹凸を越えている際のサウンドもかなり気に入ってます。

 

「コトン」「ゴトン」といった音ですが、さほど車体がグラグラすることがないのでほぼすべては堅実にボディで受け流しているということが察せられます。そういった時は着実にサスペンションが作動しているんだと舌を巻いたりしています。

 

初めは以前の車に対してとても車内に入ってくるノイズがたくさんになったのでどこかしら接触しているのでは?と気に掛かりちょくちょくディーラーに転がり込んでいましたが、もう平気になってしまいました。

 

むしろこれもこの車のアイデンティティー、と考えて愛するポイントの中の1つになりました。ディーラーの営業マンの方曰く「この車は”ノイズ”もさまざまに堪能できますよ。」と意見を言っていたけど、なるほどそうだ、と考えます。

WRX S4 口コミ・評価・評判